『アートアクアリウム2018』を観てきました。

前の記事と同じ日。
名古屋市美術館のあとは、松坂屋美術館へ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


FBともインスタとも違う写真。
セブンイレブンで前もってチケットを購入しておくと並ばずに済むと聞いて、チケットを購入してからでかけて正解。
中はそこそこの人でしたが、そこそこ広いので、人が動かない、ということはなく。

もっとじっくり撮りたいかんじです。時間をかけて。
時間をかけたらちゃんと撮れるのかは疑問ですが。

アートのために金魚を使うなんて残酷!と思っていたのですが、金魚のエキスパートが、金魚をアピールするために考えたものなのですね。
そう考えると、凄いと思います。魅せ方が。もちろん管理も。不快な点がない。
管理にどれだけお金と手間がかかっているのだろう、と思うと、入場料千円は安いかも。

観賞用の金魚そのものが残酷なんじゃないか、というところに話がいくとそれはもう、そうなんですけど、それでもやはり、伝統的な立派な芸術だと思ったのでした。

初めて観たけれど、圧巻です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック